住宅ローンの滞納は何ヵ月まで大丈夫?

個人再生による住宅ローンのリスケ、4つの方法とは

 

マンションを手放すことなく債務整理ができる夢のような制度「個人再生」。

 

個人再生では、マンションを手放さなくていいかわりに、住宅ローンは減免されずそのまま返済を続ける必要があります。

 

なので、他の借金はないけど住宅ローンの返済そのものが厳しいという人は、個人再生では意味が無いって思うかもしれませんね。

 

 

でも、個人再生の「住宅ローン特則」という制度を使えば、住宅ローンの返済もラクにすることができるんです。

 

 

 

返済方法は4パターン。住宅ローン特則で返済をラクにしよう

 

個人再生の「住宅ローン特則」は、裁判上の手続きによって、住宅ローンの返済計画を変更してもらえるというものです。

 

リスケジュールと同じことですが、通常のリスケジュールは銀行と交渉して同意してもらう必要があるのに対し、個人再生の場合は銀行の同意が必要ありません。

 

ですから、銀行にリスケジュールの相談をしたけど断られたという人でも大丈夫です。

 

 

個人再生の「住宅ローン特則」を利用したリスケジュールには、次のように4つの方法があります。

 

 

@滞納分を3年かけて返済+これまでどおりの返済

 

返済が遅れている分と遅延損害金については、3年(特別な事情があるときは最長5年)かけて分割で返済していきます。

 

それ以外は、これまでどおりの返済方法で毎月返済していきます。

 

 

 

 

メリット

滞納分を一括返済しなくていいというメリットしかないように思いますが、実はもっとすごい効果があるんです。
これを利用することによって、「期限の利益」が復活するんです。

 

どういうことか説明しましょう。

 

住宅ローンを滞納が6ヵ月くらい続くと、「期限の利益の喪失通知書」というのが届きます。
期限の利益を喪失したということは、もう分割払いは認められない、残りの住宅ローンを一括で返済しろということです。
そんなことは無理に決まってるので、これ以降、競売への道を進むことになります。

 

期限の利益を喪失すると普通は復活することはありません。
ところが、個人再生の住宅ローン特則を利用すると、期限の利益を復活させて、再度、分割払いのチャンスがもらえるんです。

 

住宅ローンをすでに何ヵ月も滞納しちゃった人、これは非常にありがたいですよね。

 

 

デメリット

ただし、3年間は住宅ローンの返済負担は大きくなります。

 

住宅ローン以外にも借金がある場合は、3年間の再生計画期間のうちにそちらの返済もしないといけません。
住宅ローン以外の借金は、5分の1程度に圧縮してもらえますが、それでも返済は大変です。

 

 

 

 

これが無理な場合は…

 

 

 

A返済期間の延長

 

@の方法で返済が無理な人は、住宅ローンの返済期間を延長してもらうことができます。
返済期間を延ばせば、毎月の返済額が減って少しラクになりますよね。

 

ただし、延長できるのは最大10年、70歳までに完済する必要があります。

 

 

デメリット

毎月の返済はラクになりますが、期間が延びる分、利息もかかるため、トータルの返済額は増えることになります。

 

滞納分がある場合の取り扱いなどは@と同じです。

 

 

この方法でも返済が難しい場合は…

 

 

B3年間は元本据え置き

 

3年(最長5年)の再生計画の期間中は返済が重なり大変です。
そのため、再生計画期間中は、住宅ローンの元本の返済を一部猶予してもらうことができます。

 

 

たとえば、住宅ローン毎月の返済額は10万円だとしても、内訳は利息6万円・元本4万円などとなっているはずですよね。
3年間は利息6万円の支払いだけで、元本4万円の返済は待ってもらうという形です。

 

 

デメリット
元本は免除されるのではなく据え置かれるだけなので、3年を過ぎたらその分の支払いもあわせて返済することになります。

 

 

なお、@〜Bの方法は、自分で好きなものを選べるのではなく、@がダメならA、それでも無理ならBというように決定されます。

 

 

 

C同意を得て計画変更

 

@〜Bは債権者(銀行や保証会社)の同意がなくても裁判上の手続きによってできる方法でしたが、Cは債権者の同意を得て無理のない返済計画に変更してもらうものです。

 

たとえば、

 

・10年を超える期間延長や70歳を超える期間延長

 

・金利の見直し

 

・ボーナス払いをやめる

 

・元本の一部カット

 

・遅延損害金の免除

 

など、交渉によってどこまで譲歩してもらえるかという話になります。

 

 

 

モタモタしてると手遅れに!今すぐ依頼する弁護士を探そう

 

 

個人再生は、債務整理の中でも特に高度な専門知識が必要な手続きです。

 

ですから、弁護士に依頼する費用も結構かかります。

 

 

>>高額っていくらくらいかかるの?個人再生の費用

 

 

でも、費用の面はあまり心配しなくて大丈夫です。
こうした債務整理の手続きを依頼するということは、お金にあまり余裕がないってことは先方も承知の上です。

 

ですから、ほとんどの弁護士事務所が、無理のない範囲での分割払いに対応してくれます。

 

 

ただ、弁護士の得意分野は見極める必要があります。

 

先ほども説明したとおり、個人再生は債務整理の中でも特に高度な知識が必要ですから、できれば個人再生の手続きの経験が豊富な弁護士がいいですね。

 

 

弁護士の探し方がわからないっていう人は、こういうサイトを利用すると便利ですよ。

 

 

街角相談所-法律-
https://www.machikado-saimu.info/

 

 

 

あなたの現状と希望について、簡単な質問に答えるだけで、最適な弁護士をピックアップして紹介してくれます。

 

あなたは待ってるだけでOKです。
弁護士から連絡がもらえるので、わからない点や不安な点を質問して、依頼するかどうか決めればいいですよ。

 

紹介料は一切かかりません。
サイト上での質問なら、相談料もかかりません。

 

もちろん、依頼することになったら費用はかかりますが、合わないと思ったら断ってもぜんぜん大丈夫。

 

 

実は、個人再生でマンションを守るにはタイムリミットがあるんです。

 

>>個人再生でマンションを守れないケース

 

 

モタモタしていると手遅れになって、売却するしかなくなるケースもあるので、実際に依頼するかどうかはともかく、今すぐ相談して見通しを立てておくことが大切ですよ。

 

 

>>大至急、個人再生に詳しい弁護士を探す