住宅ローンの滞納は何ヵ月まで大丈夫?

住宅ローンを滞納したらブラックリストにのる?1回でも遅れたらアウト?

 

マンションのローン返済が厳しくなってきたとき、「もし滞納してしまったらブラックリストにのる?」っていうのを気にする人が多いみたいですね。

 

ブラックリストとは、個人信用情報に事故情報が登録されることを言います。

 

個人信用情報機関は主に3つあります。

 

CIC
JICC(日本信用情報機構)
KSC(全国銀行個人信用情報センター)

 

 

銀行やローン会社はこうした個人信用情報機関に加盟していて、ローンの申込みがあったときに、貸すかどうかを審査するために信用情報を照会する仕組みになっています。

 

照会すると、現在どこからどれくらい借り入れがあるのか、順調に返済しているかどうかという記録を見ることができます。
この記録をクレジットヒストリー(通称クレヒス)と言います。

 

 

 

もしあなたが返済遅延や金融事故(債務整理や破産など)を起こせばそれもクレヒスに記録されます。
これがいわゆる「ブラックリストにのる」という状況ですね。

 

ブラックリストというものが存在するわけではなく、この記録を見れば貸してはいけない人だということがわかるという意味で、そう呼ばれてます。

 

クレヒスに返済遅延や金融事故の情報が登録されていると、金融機関は「この人には貸すべきではない」と判断しますから、その後、新たにクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなります。

 

 

クレヒスに問題がなく審査OKとしてお金を貸すことになった場合は、毎月きちんと返済されたかどうか、各金融機関がここに記録していくようになっています。

 

 

見本で確認! 個人信用情報ってどんな風に記録されるの?

 

たとえばCICの信用情報の開示請求をすると、このような記録を見ることができます。

 

http://www.cic.co.jp/ より

 

 

 

借入先ごとに、「入金状況」の欄があり過去2年分、毎月の返済状況を見ることができます。

 

 

 

 

きちんと返済していれば「$」が並んでいるはずです。
返済がない場合は「A」や「C」がつくことになります。

 

 

 

住宅ローンを滞納したときも、ここに「A」(未入金)が登録されてしまいます。

 

 

うっかり口座にお金を入れ忘れて残高不足になってしまうことは誰にでも起こりうることなので、それくらいでは登録されません。

 

「引き落とせなかったから○日までに振り込んでください」というお知らせにしたがってすぐに振り込めば問題ないでしょう。

 

 

振り込まずに放置しているとその月は「A」と記録されてしまいます。
Aが2〜3ヵ月以上続くと、返済状況欄に「異動」と記録されます。

 

 

 

これがいわゆるブラックリストにのるという状態です。

 

 

CICではこのほか、以下のような場合に「異動」と記録されます。

 

・代位弁済がおこなわれた場合(あなたに代わって保証会社が銀行に返済をした場合)

 

・破産した場合

 

 

CICの場合、取引終了後5年間は「異動」の記録が保存されます。
つまり、5年間は新たな借り入れはほぼ不可能になるということです。

 

何を「異動」として記録するか、その記録を何年保存するかは信用情報機関によって若干の違いがあります。

 

 

 

1回でも滞納したらアウト?

 

「異動」ではなく「A」が1回ついただけではどうなの?と思うかもしれませんね。
「A」が1回でもつけば、もう新たにクレジットカードは作れないの?って。

 

 

この記録を見て貸すかどうか判断するのは、あくまでもそれぞれの金融機関です。

 

Aが1回だけでも「貸さない」という判断をするところもあれば、Aが1〜2回ついていても「異動」記録がないなら「貸す」という判断をするところもあるでしょう。

 

 

 

返済が遅れる前にリスケしてもらったら?

 

 

滞納する前に早めに銀行に相談してリスケジュール(返済計画の変更)をしてもらった場合はクレヒスには何も影響がないというケースもあるようです。

 

でも、当初の約束どおりに返済できていないと判断してクレヒスに登録される可能性もあります。

 

登録するのは銀行なので、このあたりもそれぞれの銀行ごとの判断になるでしょう。

 

 

>>マンションのローン返済がきつい…。リスケをするときの注意点

 

 

 

ブラックリストを気にして○○したら本末転倒

 

マンションのローン返済が厳しくなってきたときに、「滞納したらブラックリストにのる?」っていう点を心配する人がとても多いんですが・・・

 

クレヒスに一切傷をつけずに対処できる方法は住宅ローンの借り換えと、マンションを(任意売却ではなく)普通に売却してローンを全額返済する方法くらいでしょう。

 

 

クレヒスに傷がつくのがイヤだからって、他から借りて住宅ローンの返済にあてるということだけは絶対にやってはダメです。
問題を大きくしているだけですから。

 

 

 

冷静に考えればわかるはずなんですが、これをやってしまう人が意外と多いんです。
「返済できない!どうしよう…」って追い込まれると冷静な判断ができなくなっちゃうのかもしれませんね。

 

 

>>住宅ローンの返済がきつい…やってはいけない4つのNG対応とは?

 

 

現に、住宅ローンを滞納しそうなくらいの状況なら、クレヒスを気にするよりも早めに専門家に相談して根本的な解決策を探した方がいいですよ。

 

早い段階で相談するほど、解決策の選択肢がたくさんあるからです。

 

 

専門家に相談と言っても誰に相談すればいいかわからないっていう人は、ぜひこちらの記事も読んでみてください!

 

 

>>マンションのローンが払えなくなったとき、どこに相談するべき?