住宅ローンの滞納は何ヵ月まで大丈夫?

住宅ローンの滞納は何ヵ月まで大丈夫?

 

マンションのローン返済がきびしくて滞納してしまいそうなあなた。

 

あるいは、すでに何回か滞納してしまって、これからどうなるんだろう?ってドキドキしているあなた。

 

実際のところ、何ヵ月くらい滞納しても大丈夫なのか、何ヵ月滞納すると大変なことになるのか、詳しく見て行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【滞納1回】 簡単な通知が届くだけ

 

住宅ローンは通常、口座から引き落とされますよね。
うっかり忘れたり、手違いによって口座が残高不足になっているというミスは誰にでもあることです。

 

ですから、1回滞納したくらいでは大きな問題になることはありません。

 

「ご入金のお願い」というような簡単な通知書が1枚郵送されてくる程度です。

 

 

職場や自宅に催促の電話がかかってくるとか、個人信用情報(いわゆるブラックリスト)に登録されるとかいうことは、この段階ではありません。

 

 

通知書には、「もし何か事情があるなら取扱店に至急ご連絡ください」と相談を呼びかける記載があるかもしれません。

 

住宅ローンの返済がきびしいという状況が、今回だけの突発的な事情ではなく、これからも続きそうなら、この段階で早めに銀行に相談しておくのがいいと思います。

 

リスケジュールといって、返済計画を変更してもらえる可能性があるからです。

 

 

>>住宅ローンの返済ができない!リスケのメリット・デメリット

 

 

住宅ローンの返済がきびしいからと、カードローンやキャッシングでお金を借りてなんとか返済にあてようとする人がいます。

 

突発的な事情で一時的にお金が足りないという場合ならともかく、そうでないなら根本的な解決になっていない上に問題を大きくするだけなので、これは絶対にやめたほうがいいです。

 

 

>>住宅ローンの返済がきつい…やってはいけない4つのNG対応とは?

 

 

返済できないならキャッシングではなく、しかるべきところに早い段階で相談した方がずっとマシな解決策が見つかります。

 

 

>>マンションのローンが払えなくなったとき、どこに相談するべき?

 

 

 

【滞納2回】 電話で事情を聞かれる

 

1回目は簡単な通知が届くだけで取り立ての電話があるわけでもなく、「なーんだ」と安心したかもしれません。

 

ところが、滞納が2回目になると、さすがに銀行から電話がかかってきます。
「どうしましたか?」と事情を確認されるんですね。

 

 

 

1回ならうっかりミスかもしれないけど、2回続くということは返済できない事情があるんじゃないかと考えるのは当然です。

 

ただ、まだこの段階ではそれほど強い姿勢で債権回収に向けて動き出すわけではありません。

 

 

 

【滞納3〜5回】 督促状や催告書(最後通告)が届く

 

滞納が3回目になると、対応が変わってきます。

 

「ご入金のお願い」のような簡単なお願い通知ではなく「督促状」が届きます。

 

 

督促状には「これ以上滞納すると抵当物件の処分をすることになる」とか「これ以上延滞すると期限の利益を喪失することになる」といった内容が書かれていると思います。

 

これまでは「事情があるなら相談してくださいね」的な対応だったのに、「これ以上滞納するなら…」という警告的な内容に。

 

 

それでも支払えずにいると、「催告書」という文書が届きます。

 

「○月△日までに××円の支払いがなければ法的手続きに移行します」ということが書かれているはずです。

 

 

「督促状」とほぼ同じ内容に思えますが、期日が指定されていてより強い表現になっていると思います。

 

 

これは言わば、銀行からの最後通告です。

 

 

ここで指定期日までに指定の額を払えば、なんとか事なきを得るわけですが、無理な場合は次の段階へ進みます。

 

 

そもそもお金がなくて返済が滞っているわけですから、滞納分をまとめて返済しろと言われても、まず無理ですよね。

 

大変なことになりそうだというのはわかっていても、どう対処すればいいのかわからなくて放置してしまう人も多いようです。

 

 

でも、いつまでも放置していると最終的には競売にかけられマンションを無理やり追い出されることになるので、そろそろ専門家の力を借りるよう動かないといけません。

 

 

>>マンションのローンが払えなくなったとき、どこに相談するべき?

 

 

 

【滞納6回】 全額一括返済を求められる

 

返済を合計6回滞納すると、「期限の利益喪失に関する通知」というのが届きます。

 

6ヵ月連続でなくても、合計で6回滞納すると期限の利益を喪失することになります。

 

 

住宅ローンのように、借りたお金をすぐに返さなくていい、何十年もかけて分割で返していけばいいというのは、返済まで時間が稼げているわけで、こういうのを法律用語で「期限の利益」といいます。

 

期限の利益を喪失するということはつまり・・・

 

 

そうです。

 

一括で返済しろと言われているんです。

 

 

 

通知には「指定期日までにローン残高を一括で返済してください」ということが書かれているはずです。

 

 

これは絶対無理ですよね。
そんな大金があったら滞納なんてしませんし、そもそもローンを組まずにマンションを買えてます。

 

 

 

【滞納して7ヵ月目】 代位弁済通知が届く

 

一括返済など無理なので、「期限の利益喪失通知」が来ても何も対処できなかったと思います。

 

すると次は「代位弁済通知」が届きます。

 

 

これは、債権者が銀行から保証会社に変わったということです。

 

これ以上借り手から返済を受けるのは難しいと判断した銀行は、返済を保証している保証会社に対して代わりに一括返済を求めたんです。

 

保証会社はあなたの代わりに銀行に対してローン残高の一括返済をします。

 

 

ここからは保証会社が債権者になります。
マンションに付けられている抵当権も、銀行ではなく保証会社のものになります。

 

もう銀行は関係ありません。

 

 

 

【滞納して8ヵ月目】 競売の申し立て

 

「代位弁済通知」が届いて約1ヵ月後、保証会社は裁判所に競売の申し立てをします。

 

 

その後は裁判所から通知が届いたり、執行官が調査にやってきたりと、競売に向けた準備が着々と進められます。

 

 

 

競売の流れは、こちらの記事に詳しく書きました。

 

 

>>競売の流れ【前半】競売の準備から入札の準備が整うまで

 

 

>>競売の流れ【後半】入札開始から強制退去まで

 

 

ここまで来ると、かなり緊迫した状況です。

 

競売を避けたいなら、一刻を争う段階まで来ています。

 

 

競売を避ける最終手段は「任意売却」ですが、今すぐ任意売却に向けて動かないと、もう時間切れになってしまいます。

 

今すぐ、専門家に相談しましょう。

 

 

「もうちょっと考えてから」とか「今日はもう遅いからまた明日」なんて言ってる場合じゃありません。

 

 

こちらのサイトなら、無料で24時間相談を受け付けています。

 

1分もかからず入力できるカンタンな内容なので、今すぐ入力して相談フォームを送信してしまいましょう。

 

 

 

 

>>任意売却の専門家に無料相談する